大正園ブログ

2017/11/17
秋の収穫祭を行いました!

 好天に恵まれた10月27日(金)11時から大正園の畑で6月に苗を植えた紅あずま(サツマイモ)の収穫祭を入所者7名のご協力のもと行いました。
紅あずまは皮の色は少し紫がかった濃い赤色で、果肉の色が黄色く粉質で、繊維質が少なく、蒸したり焼くとホクホクとネットリの中間タイプのサツマイモだそうです。

 6月に苗を植えた後から、苗の様子が気になって、頻繁に様子を見に行ったり、水をあげたり、雑草を抜いたりされる入居者の方もおられ、まさに手塩にかけて育てた一品です。

 その紅あずまも葉が青々と茂り、いよいよ収穫の時を迎えました。収穫しやすいように葉っぱを切り、いよいよ収穫です。

 職員による実況中継を交えながら、紅あずまを引っこ抜いた瞬間、「ま~立派」と歓声が上がりました。まるまると太った(いやいや)成長した紅あずま、どうですか。おいしそうでしょう?

 入居者様が順番で引っこ抜き、そしてまた引っこ抜きで、結果20個以上収穫できました。大漁です!
その後、より甘みを出すために、1週間程度陰干しを行いました。

その紅あずまが11月10日(金)にスウィートポテトに変身して私たちの目の前に姿を現してくれました。味は?もちろん、絶品でした。手塩にかけて育てたものだけにいつものとは、一味も二味も違う特別なスウィートポテトになりました。
                  (今回の担当はスウィーツ大好きフミニャンでした)