大正園ブログ

2018/01/04
「夢楽らいぶ」一座様による 年忘れライブショーを行いました!

皆さま、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
新年、一回目のブログは、昨年の年忘れライブショーの様子となります!


平成29年12月28日(木)14時~
「夢楽らいぶ」一座様による 年忘れライブショーを行いました。

「夢楽らいぶ」一座とは・・
大阪の大東市を拠点に活動する異色の「ギター弾き語り」グループ。2002年7月24日の結成以来、近畿2府4県のあらゆる老人ホーム、福祉施設、作業所、病院、学校、ホテル、地域のお祭りなどで、ボランティアの慰問ライブを行っておられ、その数はなんと、12年で2500公演!年間200公演をずっと続けられたことになります。メンバーは、リーダー・座長の山野具則様(ボーカル、ギター)植村亮介様(コーラス、ギター)うちだみつる様(コーラス、リードギター)そして、内田亘様で構成されており大正園での7月、12月の行事には、毎年、来て下さっております。「夢楽らいぶ」一座様の大きな特徴は、すべて自分たちで作詞・作曲したオリジナルソングをレパートリーとする、本格派のギター弾き語りバンドでありながら、ライブは一貫してボランティアで行うというスタイルをずっと貫いておられます。
※夢楽らいぶ一座様ホームページより

 という事で、さすが、ベテラン!!あっという間に世界に引き込み盛り上げて下さいました!一緒に参加する職員も利用者の方と楽しく過ごせる大好評のイベント行事です。両手を振って応援される方、感動に涙を流される方もおられました。

大正デイの人気イベントです。次回は平成30年7月9日(月)となっていますが、早くも次回が楽しみです!!

今回の記事は、大正デイの広報委員の小澤が担当致しました。