大正園ブログ

2018/02/01
大正デイ・サ-ビス初体験  -FEELING ARTS-

皆さま、~FEELING ARTS~をご存知でしょうか?

フィーリングア-ツとは、音楽と光と絵画による体験型の総合芸術で、1981年に現代美術作家 北村義博先生が独自の感性と技法で創作したものです。「地球」「宇宙」「生命」「天上の世界」などをテ-マにして、土と墨汁と金色絵具(金箔)で描いた抽象絵画の大キャンパスに、作者が多彩な色調の照明をあてながら、光の絵画を生み出します。大地の土が使われたその作品に美しい色合いの光が映し出されると幻想的な世界が広がります。

 今年の1月24日に、大正デイサ-ビスセンタ-にフィ-リングア-ツの北村先生はじめアシスタントを努める女性2名にお越しいただきました。
女性2名のきれいな歌声は、幻想的な美の世界にいざなってくれます。
利用者さんは、いつもは大きな拍手や声援で出演者を盛り上げますが、今回ばかりは静かに音楽を聴きながら、目をつぶりご自身の世界の中に浸っておられました。
 また、童謡など知ってる歌を歌ってくださるときは、一緒に口ずさんだりされていました。
光の移ろいを眺めていると、まるで自分の心と対話するように、その人ならではのイメ-ジがキャンパスに浮かび上がっていきます。

約1時間のフィ-リングア-ツの癒しの音楽と映像を堪能した後の利用者さんは、とても落ち着いた穏やかな表情をされていたのが印象的でした。また、演奏終了後利用者さんに感想を伺うと即座に「良かったわあ~。」と皆さんが返事をされました。
また、このような穏やかな時間をすごしたいものです。

※今回のブログ担当はデイサービスの木佐貫が担当しました!