【施設の概要】

都市内の福祉ゾーンに立地し、
隣接する医療・福祉施設とも連携しています。

つつじ荘は都市内の福祉ゾーンに立地し、交通・買い物などが至便です。複合的福祉施設の「シルバークレイン」の5階に位置し、ワンフロアに生活に必要なほとんどの設備がそろっています。また、隣接する済生会泉尾病院や特別養護老人ホーム大正園、第二大正園などと医療・福祉の連携を図っています。

施設名 軽費老人ホームケアハウス つつじ荘
所在地 大阪市大正区北村3丁目5番10号
事業開始 平成8年4月1日
実施事業 軽費老人ホームケアハウス
居室の設備 洗面台・トイレ・ミニキッチン(給水・給湯可)・チャイム・洋式トイレ(ウォシュレット)・シャワードレッサー(給水・給湯可)・クローゼット・電動ベッド・冷暖房機・ナースコール・火災感知器・緊急通報設備・煙感知器・熱感知器・スプリンクラー・電話機(内線・外線可)・ベランダ(避難路)
共有部の
設備
デイルーム(食堂)・トイレ・配膳室・浴室・洗濯室・談話室・寮母室・下足室・洗濯室・エレベーター・ゲストルーム(和室)・禁煙スペース
定  員 1人部屋(21.6平方メートル):34室
2人部屋(31.9平方メートル):3室
電話番号 06-6552-8070
FAX 06-6552-8087

施設内風景

  • 施設内写真
  • エントランスホール
    つつじ荘の玄関・玄関ホールです。待合所として使ったり、入居者同士の談話室としています。クリスマスやお正月には、大壁面を利用してさまざまなディスプレーで演出します。
  • デイルーム
    食堂として毎日利用するほか、各行事や訓練、会議なども行います。また、入居者同士の交流や談話の場としても活用しています。
  • 施設内写真
  • 施設内写真
  • 洗濯室
    ケアハウスでは自立を支援するということから、原則的に洗濯などは自らすることになっています。そのために使い勝手にいいコインランドリー式の洗濯室を設けています。
  • 居室(写真は2人部屋)
    居室は個室になっており、電動ベッドやトイレなど生活するための基本設備ほとんど整っています。その他の荷物の持ち込みも自由にできますので、ご自分にあった部屋づくりができます。
  • 施設内写真
  • 施設内写真
  • 浴室
    入浴は原則として、月・水・金の週3回になり、その他の日はシャワー浴になります。(季節に合わせて入浴日は増減します)入浴時間は午後4時~8時の間で、自由に入浴していただけます。
  • ゲストルーム(和室)
    入居者のご家族が泊まられる場合、有料でご利用していただけます。その他、お茶会の茶室としても活用しています。
  • 施設内写真

建物平面図

建物平面図

上へ↑